らいちのヒミツ基地

公然のひみつ基地です

MacOSのSafari 12で使えなくなった機能拡張を強制的に復活させる方法

広 告

Safari12ではAppStore経由以外で入手した機能拡張が使用不可になりました。

セキュリティは向上しましたが、今まで便利に使っていた機能拡張が使えなくなって困る人も多いと思います。

f:id:AzuLitchi:20181025012150j:plain

今回はSafari 12で使えなくなった機能拡張を開発モードで強制的にインストールする方法がわかったので、方法を残しておきます。

MacOS Safari 12で使えなくなった機能拡張を強制復活させてインストールする方法

機能拡張をダウンロード

使いたいSafari機能拡張を配布元からダウンロードしておきます。

今回試したのはこの二つ。

f:id:AzuLitchi:20181024224215j:plain

ダウンロードした.safariextzファイルをターミナルのxarコマンドで展開

Safariの機能拡張の拡張子は「.safariextz」ですが、これはターミナルのxarコマンドに-xvfオプションを付けると解凍できます(-tvfオプションだと解凍せずにファイルの一覧を表示できます)。

解凍のコマンドはターミナルを起動して「PC名:~ ユーザー名$」が表示されたら下記をコピペ(最後に半角スペース付きで)

xar -xvf 

そのままreturn押さずにターミナルウインドウに.safariextzファイルをドラッグ&ドロップするとディレクトリとファイル名が追加されます。

f:id:AzuLitchi:20181025012255j:plain

下記の画像の例では

f:id:AzuLitchi:20181024224642j:plain

「ユーザーlitchiのデスクトップにあるTabLinks.safariextzをxarで解凍」というコマンドを使用することになります。

ここでようやくreturnをバチーン!

ターミナル起動してディレクトリ移動してなければホームフォルダに.safariextzフォルダが展開されています。

f:id:AzuLitchi:20181023220028p:plain

Safariの「開発」メニューの開放はとりあえずやっておこう

Safariの開発者メニューはとっても便利。

  • キャッシュを空にする
  • Webインスペクタを使用する
  • JavaScriptによる右クリック無効を無効にする
  • レスポンシブデザインモードでスマホ表示を確認する
  • ユーザーエージェントを切り替える

などの行為が"開発"メニューから選択できるようになります。

既に開発者メニューを開放済みの方も多いと思いますが、メニューに「開発」が無ければ

環境設定→詳細の一番下にある「メニューバーに"開発"メニューを表示」

f:id:AzuLitchi:20181024224920j:plain

ここにチェックを入れます。

これで開発メニューが表示されます。よほどのこだわりがなければこのチェックはずっと入れっぱなしにしておいて構いません。

機能拡張ビルダーで展開したsafariextensionフォルダの中身をインストール

開発メニューにある「機能拡張ビルダーを表示」を選択します。

f:id:AzuLitchi:20181024225502p:plain

左下の「+」ボタンから

f:id:AzuLitchi:20181025005754j:plain

「機能拡張を追加…」を選択

f:id:AzuLitchi:20181025005820p:plain

ホームフォルダに展開されている.safariextzフォルダを選択して、読み込まれた機能拡張を「実行」

f:id:AzuLitchi:20181025010012j:plain

ユーザーパスワードを入力すれば機能拡張が有効になります。

必要に応じてツールバーをカスタマイズ

ツールバーで右クリックして「ツールバーをカスタマイズ…」を開きます。

ツールバーにボタンを登録する系の機能拡張であれば適宜配置しておきます。

f:id:AzuLitchi:20181025010105p:plain

インストールはSafariを終了するまで有効

この方法でインストールした機能拡張はSafariを終了するとリセットされ、Safariを再起動するたびに機能拡張ビルダーで実行する必要があります。設定も消えます。少々面倒です…。

インストールした機能拡張の紹介

TabLinks

クライアントにテストページを複数お知らせするのにTabLiinksを常用していたため、復活できて助かりました。

f:id:AzuLitchi:20181024225526p:plain

TabLinksはSafari 開いているタブのURLリンクをまとめて生成できる機能拡張です。

TabLinks Safari Extension - BrettTerpstra.com

テンプレートはこんな感じにして使ってます。

■%t%b%u%b

上記の通り、Safariを再起動するたびにテンプレートも設定し直しになるのが面倒なので「Settings.plist」の7行目の値を上記に書き換えておきました。

はてなブックマークSafari拡張

ブログ記事作成や閲覧にはChromeを使うことの方が多いので「はてなブックマークSafari拡張」はあまり使ってなかったのですが、使えなくなって困っている人も多いと思います。

Safariでも快適ブックマーク!はてなブックマークSafari拡張登場!

上記と同じく、機能拡張ビルダーから実行する方法でインストールできました。

まとめ

Safari12に開発者メニューを使って機能拡張を強制的にインストールするのはセキュリティ的に問題がありそうです。信頼出来る配布元のSafari機能拡張をどうしてもSafari12で使いたい、という時に自己責任でお試しください。

Safariを起動する度に実行するのが面倒なので、はてなブックマークSafari拡張くらいはApp Storeへの登録を心待ちにしています。

参考にしたページ

macOS Safariを12にしたらはてなブックマーク機能拡張がなくなった際の解決法

 

それではまた・・・さよならいち!・∀・)ノ