らいちのヒミツ基地

公然のひみつ基地です

MENU

アナログイラストをスキャンするときの色合わせのコツ

水彩や色鉛筆等、アナログで描いたカラーイラストをスキャンするとき、グレースケールも一緒にスキャンしておくと色合わせがとても楽になります。アナログイラストをスキャンするときのコツを解説します。

f:id:AzuLitchi:20191226002208j:plain

アナログイラストを色合わせしやすくスキャンする方法

カラーチャートに入っているグレースケールを一緒にスキャンしておくと、後でPhotoshopで色温度合わせるのがとても楽になります。

f:id:AzuLitchi:20191226000455j:plain

Photoshopで直接スキャナを起動

最近のスキャナなら最新のドライバーをインストールしておけば、Photoshopから直接スキャナを起動できます。

Photoshopで直接スキャナを起動するには

  • ファイル→読み込み→画像をデバイスから…

を選択し、使用したいスキャナを選択して起動します。

f:id:AzuLitchi:20191225235357j:plain

カラーイラストをスキャンするのにオススメの複合機は?

仕事場にbrotherとCanonの複合機があるので両方試してみましたが、Canonの方が淡い色も読み込んでくれるので、元の絵に近い状態で取り込めますね。

brotherの複合機はFAX機能と電話の子機とオートドキュメントフィーダまで付いてて3万円程度で購入できるので、オトク感はあります。
A4のビジネス文書、配付資料などをスキャンしてPDF保存しておきたい時に重宝しています。

カラーチャートのグレースケールとは

カラーチャートに入っているグレースケールとは、グレーの階調を通常のドット印刷ではなく、シルクスクリーンなどの塗りつけや吹き付けで印刷されているチャートのことです。

私は以前からコダックのカラーチャートに同梱されているグレースケールを使用しています。

カラーチャートとしては安価な方です。

デジタルカメラ向けではないとされていますが、デジカメで使用しても何もないより断然安心感はあります。
一眼レフカメラで作品を撮影するときも、一緒に撮影して色温度合わせに使っています。


グレースケールのみで良ければ銀一のがクオリティ高そうだなと思います。A4サイズなので自分で小さく切り取って使うようです。

スキャン後の色合わせの方法

カラーチャート(グレースケール)の使い方

スキャン直後はこんな風になります。

f:id:AzuLitchi:20191226000455j:plain

ここからPhotoshopの調整レイヤーからトーンカーブを選び

f:id:AzuLitchi:20191226000503j:plain

グレーのスポイトを選択

f:id:AzuLitchi:20191226000512j:plain

スキャン画像のグレー部分をクリック。
色温度が合わないようなら、グレー部分をあちこち何度かクリックして、元の絵と近い感じになるようにします。

f:id:AzuLitchi:20191226000719j:plain

白と黒のポイントも合わせたいなら同様に、白や黒のスポイトを選択してからグレースケールの白と黒を拾います。

f:id:AzuLitchi:20191226001243j:plain

これで色温度とレベル補正が概ね合うはずです。
手作業で微調整して完成です。

f:id:AzuLitchi:20191226001507j:plain

スキャンするときの解像度は?

スキャンするときの解像度は迷いますが、印刷クオリティなら300〜350dpiが一般的です。
カラー画像でもとりあえず600dpiでスキャンしておけば、後でダウンサンプリングして何にでも使えるので、トーンカーブレイヤーを残した状態のpsd形式で保存しておくと良いです。

f:id:AzuLitchi:20191226001533p:plain

必要に応じて解像度や色モードを変更して、PNG、jpg、EPSなどのファイル形式で書き出します。

例えばTwitterにイラスト上げるなら横幅1024pxのRGBモードのjpg形式に書き出したりします。

Twitterに画像を上げるときは、縦構図のイラストなら2枚上げた方がサムネイルが観やすいらしいですね!

色調整完了後のイラスト

f:id:AzuLitchi:20191226002129j:plain

カードキーでドアを開けてくれる女の子のイラストです。

まとめ

カラーのアナログイラストをスキャンするときは600dpiでグレースケールと一緒に。
スキャン後はPhotoshopのトーンカーブで色合わせを。


それではまた・・・さよならいち!・∀・)ノ