らいちのヒミツ基地

公然のひみつ基地です

MENU

RODE Microphones Wireless GO II【レビュー&使い方】

ワイヤレピンマイクとしては業界で最も有名と言えるRODE Microphones Wireless GO II(ロードマイクロフォンズ ワイヤレスゴー2)の新品をお借りする機会があったので、レビューと使い方を紹介します。

1チャンネルのワイヤレスマイクとしての使用はもちろん、2つの音源を同時に録音できるデュアルチャンネル対応ワイヤレスマイクシステム。
2.4GHzデジタル通信により密集した電波環境下でも安定した伝送が可能です。

各送信機に直接録音をすることができるオンボードレコーディング機能搭載。

f:id:AzuLitchi:20220403223201j:plain

開封の儀

しっかり糊付けが施されていて開けにくい紙箱。

f:id:AzuLitchi:20220403124606j:plain

カッターで切り開きました。

内容物

f:id:AzuLitchi:20220403134553j:plain

  • 受信機
  • 送信機×2
  • USB-C to USB-Aケーブル「SC20」×3(長さ約50cm)
  • TRS-TRSケーブル「SC5」(長さ約10cm)
  • ウインドシールド×3
  • 専用ポーチ
  • 取扱説明書
  • 乾燥剤

説明書は多言語対応というか

f:id:AzuLitchi:20220403142619j:plain

言語無し、終始イラストだけで説明してるので、イラストの読解力が求められます。

使用準備

受信機と送信機全ての充電

充電はUSB-Cケーブルで、適当な充電器と接続して行います。
3つもあるのでこういう一気に充電できる感じのを使いました。


受信機はカラー液晶に充電状況が表示されます。

f:id:AzuLitchi:20220403143831j:plain


送信機は充電中は青色のLEDが点滅。完了すると点灯になります。

f:id:AzuLitchi:20220403143851j:plain

受信機と送信機全てのファームウェアアップデート

ファームウェアアップデートはPC用ソフトから、受信機と送信機全て行う必要があります。

まずはPCで、ここから「RØDE Central」をダウンロードしてインストールします。

rode.com


インストール後、「RØDE Central」を起動して送信機を付属のUSB-Cケーブルで接続するとアップデートが始まります。
付属ケーブル以外だと本体を認識しないことがあるので注意。

f:id:AzuLitchi:20220403144309p:plain


アップデート完了したらDone!

f:id:AzuLitchi:20220403144344p:plain

受信機の設定

アップデートのついでに、受信機の録音設定を行います。
歯車アイコンを押して設定画面へ。

内蔵メモリへの録音機能はデフォルトではオフになっているので、Alwaysに切り替えておきます。

f:id:AzuLitchi:20220403144525p:plain

これで受信機の電源を入れると同時に、受信機の内蔵メモリに録音バックアップを取り続けます。
可能録音時間は約7時間程度。

iPhoneやカメラへの接続が甘くて録音に失敗していたときも、受信機の内蔵メモリから録音データを吸い上げて使うことができます(オンボードレコーディング機能)。
いわゆるボイスレコーダーとして使えるわけですが、
電源がオンになった送信機がこっそり自分のカバンに入れられていたら、持ち主に返す前に内容を消去する必要があります

f:id:AzuLitchi:20220403210348p:plain

書き出し形式はWAVまたはmp3形式。

iPhoneと接続して使う

受信機と送信機とも、電源ボタン3秒長押しで起動/終了。

説明書を見るとUSB-C to Lightningケーブルを使えば受信機とiPhoneを接続できると書いてありますが

f:id:AzuLitchi:20220403172723j:plain

Apple純正のケーブルでは本製品を認識しませんでした。

f:id:AzuLitchi:20220403224127p:plain

残念。


どうやらこちらのROAD製の専用ケーブル「SC15」じゃないとWireless GO IIを認識しないみたいです。


iPhone用アプリ「RØDE Central Mobile」をインストールしても、上記のケーブルが無いと本体を認識しないので設定できません。

RØDE Central Mobile

RØDE Central Mobile

RØDE Microphones無料posted withアプリーチ


SC15無しでiPhoneと接続するならこんな感じです。

f:id:AzuLitchi:20220403205356p:plain

下記が必要。

TRS-TRRSパッチケーブル。R(リング)が2つの方をiPhone側に。

Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

ピンマイクがあった方がポップノイズが抑えられるし服がたるまないので良いですね。

こちらのNicama製のでも使えました。充分良い声拾えます。


2.4GHzデジタル通信なので、10mくらい離れても音の途切れもなく、キレイな録音ができました。


後日、SC15を入手してiPhoneと受信機を接続したところ、ケーブル一本でスッキリと動作しました。

f:id:AzuLitchi:20220407231139p:plain

iPad Proと接続して使う

USB-CポートのあるiPad Proなら、Apple純正のUSB-Cケーブルで受信機を認識しました!

f:id:AzuLitchi:20220403205721p:plain

iPadの録音アプリで音声だけロスレスで別撮りして、編集の時に波形見ながら映像と同期させて被せる使い方もアリですね。


ただし、先述のアプリ「RØDE Central Mobile」はiPad Proでも認識しませんでした。

f:id:AzuLitchi:20220403205949p:plain

一眼カメラと接続して使う

一眼カメラと接続するなら、付属のTRSケーブルでカメラのマイク入力に受信機と接続するだけ。
送信機側の入力レベルを下げないと音割れすることもあるので注意。

受信機のクリップがホットシューと同じ幅なので、がっちり固定できます。

f:id:AzuLitchi:20220403221854p:plain

この場合も、送信機側にピンマイクがあった方がポップノイズ入りにくいです。

まとめ

映像が楽しいYouTube動画も音声録りが残念だと台無しになりかねません。
ガンマイクでも良いのですが、演者の動きによっては音声レベルが均一にならず、聞き苦しいものになってしまいます。

ワイヤレスマイクを駆使してクリアで均一な音声録音された動画を作成してみてはいかがでしょうか。

iPhoneで使うならとっととSC15 ケーブルを購入してしまうのがオススメ。



それではまた…さよならいち・∀・)ノ