らいちのヒミツ基地

公然のひみつ基地です

TEMPUR(テンピュール) のシートクッションを買ったのでレビュー

広 告

デスクワーク系フリーランスは本当に一日中、デスクチェアの上に座って過ごします。

f:id:AzuLitchi:20180926013259j:plain

心地良い生活を送るために、また身体を守るためにも椅子やクッションには服や靴よりずっとお金をかけてイイように思えます。

今回は仕事用にテンピュールのクッションを買ったので紹介します。

今まで使っていたクッションが擦り切れて破れた

たしかIKEAで買った安クッション。

3年使ったところで布地が擦り切れて破れてスポンジがこぼれてきました。

f:id:AzuLitchi:20180926013342j:plain

諦めて買い換えることに。 

TEMPUR(テンピュール) シートクッション

買い換え候補はテンピュールのシートクッション一択でした。

購入の動機

IKEAのクッションを使う前はテンピュールのクッションを12年ほど使っていたのですが、それだけ使うと経年劣化で中のスポンジがぐずぐずに変質していて、寿命ということで捨てました。

でも座り心地はとても良く、忘れられない存在…

f:id:AzuLitchi:20180926013356j:plain

耐用年数も考えたらコスパ的に悪くない気がして、リピすることに。

 

公式だと定価12000円+配送料だけど、Amazonだと一万円切ってました。 

テンピュールのクッションは3年保証

テンピュールのクッションは3年保証です。通常の使い方をしていて2cm以上の明瞭な凹みが生じた場合は保証対象となりますが、保証を受けるためには製品登録が必須となります。

購入後、忘れずに登録しておきましょう。

製品保証登録 | テンピュール・ジャパン【公式】

厚さ5cmのクッションが2cm凹むことってあるんだろうか…。

開封の儀

テンピュールのクッションを買うのは15年ぶり2度目です。前回は定価で購入したっけな…。

f:id:AzuLitchi:20180926013443j:plain

外箱は紙製。持ち手のプラも外しやすく、紙ゴミとして捨てやすいです。

f:id:AzuLitchi:20180926013524j:plain

箱の裏側。NASA公認や三年保証のロゴが光ります。

違いを感じてください。

f:id:AzuLitchi:20180926013552j:plain

原産国はデンマーク。

f:id:AzuLitchi:20180926013739j:plain

本体と、保証についての説明書が同梱。

f:id:AzuLitchi:20180926013854j:plain

座面の裏側は滑りにくい合皮っぽい素材。

f:id:AzuLitchi:20180926013932j:plain

カバーをめくると洗濯表示。カバーは外して洗えます。

f:id:AzuLitchi:20180926014029j:plain

デスクチェアの上に置いた状態。サイズもピッタリです。

レビュー

高反発系の素材が使われているようで、触った感じはかなり硬めです。

手で押してもあまり凹みませんが、座るとジワーッと尻を優しく包み込み、長時間座っていても尻への負担が相当軽減されます。

既に12年使った経験があるので、メリットデメリットだいたいわかってます。

メリット
  • 尻への負担が少なく、長時間座っていても疲れない
  • 10年くらいは使えるスポンジとカバー
デメリット
  • お値段がそれなりに高い
  • 夏場は蒸れて暑い

長時間座っていても疲れないクッションは、デスクワークには必需品なのです。

まとめ

デスクワーク系フリーランスは1日のうち、起きている時間のほとんどはデスクチェアの上で過ごすことになります。

椅子とクッションと布団はケチらず、身体を守ろう!

f:id:AzuLitchi:20180926014100j:plain

 


椅子や尻が小さい人向けのSサイズもあります。少し安い。

椅子はオカムラ バロン使ってます。座面が広くてあぐらかきやすいです。

 

長時間座るためには、色んな体制で座れる椅子の方が疲れにくいようですね。胡座のかきやすさは重視してます。

f:id:AzuLitchi:20180926014133j:plain

ほんと、一日中こんな感じです。

 

それではまた・・・さよならいち!